· 

オンライン読書会

 今回は、オンライン読書会について、ごく簡単に報告させていただきたいと思います。

 

 足立区では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、読書会開催のための会議室が利用出来なくなり、東京芸術センターの会議室も、3月2日~5月10日まで利用中止となりました。

 さらに、4月7日に、新型コロナウイルス 感染症対策のために、5月6日までの29日間、埼玉県、千葉県、 東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県の7都道府県に緊急事態宣言が行われました。

 その後、緊急事態措置が全国に拡大されたことによって、足立シルバーバーチの会だけではなく、全国のシルバーバーチ読書会の開催を中止せざるおえない状況だと思います。

 そのため、5月の読書会は、会議室での開催は中止となりました。もしもこのまま自粛しなければならない状況だとしたら、6月はもちろん、7月の読書会の開催にも影響が及ぶことになります。

オンラインによる読書会開催

 「シルバーバーチ読書会をオンラインで開催して欲しい」という切実な要望を、3月30日に会のメンバーから受けました。

 けれども、その時の私は、オンラインについて詳しくないことと、4月の読書会を中止するだけだろうと思っていたので、開催しようとは思えませんでした。

 そして、4月7日の緊急事態宣言が発令され、5月以降も見通しがつかないようになり、4月13日に再度メンバーから、オンラインで読書会を開催して欲しいという要望を受けました。私も(寝ている間に打ち合わせをしていたようで)開催していく方向で検討することになりました。

 まずは、3名で『ZOOM』を試してみました。なかなか面白いものだと思いました。

 4月17日、さらに読書会のメンバー9名で、『ZOOM』によるオンライン読書会の予行演習をしました。それによって輪読も可能だとわかり、4月19日、オンラインによるシルバーバーチ読書会を、12名の参加者によって開催することが出来ました。

ZOOMミーティングを利用

 足立シルバーバーチの会では、メール、または、グループLINEの2通りの方法で連絡を取り合っています。

 オンライン読書会を開催するのに、『Skype』や『LINE』を利用する方法もあります。その場合、ごく少人数で読書会を行う場合は可能だと思われます。しかし、10名以上の参加者となる読書会では難しいように感じました。

 その他にも、いろいろなアプリがあるようですが、私が使いやすく便利だと感じたのは、『ZOOM』によるものでした。ただ、セキュリティに関して問題が残っています。詳しいことを知りたい方は、「ズーム」で検索して調べて下さい。

(今後は、セキュリティのことを考え、Cisco Webex Meetings も併用していく予定です。)

何よりもメンバーの協力が大切

 『ZOOM』による読書会は、手軽で便利なことには違いありません。けれども、無料版だと、3名以上が利用している場合には40分の利用制限がかかります。そのため、人数が多くなるほど開催準備と参加者の入退出に時間がとられてしまい、肝心な読書会のための時間があまりとれなくなってしまいます。

 それを解消するためには、有料で利用するか、途中で休憩を入れて、こまめに開催し直していくかの方法が考えられます。(足立シルバーバーチの会では、参加者の方のご厚意で、『ZOOM』を仕事で利用されている方がホストをしてくれています。)

 会議室で行う読書会もそうですが、オンライン読書会では、開催者と参加者たちで協力していくことが、何よりも重要になってくると感じております。

 そういう点では、シルバーバーチが好きな人たちで集まっているので、時々、メンバーの中で多少の行き違いはありつつも、楽しく続けられていられるのは、本当にありがたいことです。

ぜひ、他の方も試して欲しいです

 「足立シルバーバーチの会」では、今後、自粛が解除された後も、オンライン読書会を続けていく予定です。

 それは、「シルバーバーチ読書会に一度は参加してみたい。そして、どのような人が参加しているのか実際に見てみたい。一緒に学んでみたい。」と思いつつも、病気や場所、時間的な理由などによって、今まで読書会に参加が出来なかった人たちのために、役立ちたいと思ったからです。

 さらに、たった一人で霊的真理を普及させるために、日々、奮闘されている方、参加者を集めるのに難しい地域で読書会を開催されている方にこそ、このような開催方法もあるということを知ってもらいたかったのです。ぜひ、そういう方に、オンラインによる読書会を開催して欲しいと思っております。

 最後に、私はやっと動物の肉を食べ物と認識出来なくなった程度の者です。しかも、ついこの間までは、さんざんタバコやアルコールに溺れていました。

 それなのに、ずっと昔に止めたように感じるのは、何とも都合の良い人間であろうかと自分でも思ってしまいます。

   ですから私は、肉やタバコ、アルコールの摂取について、他人にとやかく言える立場ではありませんし、度が過ぎる場合はともかくとして、その事だけで人を評価することは間違っていると感じています。霊的成長の仕方は、みな違うのが当たり前だと思っているからです。

(そういう私が開催している読書会は、参加するのにハードルが低いかもしれませんし、人によっては、物足りないかもしれません。私が読書会に求めることは、シルバーバーチから楽しく学んで、実践につなげていくことです。)

 そのような私でも出来ることですから、みなさんも、いろいろとチャレンジして欲しいと願っております。

   このような、読書会が開催出来ないような厳しい状況の時こそ、シルバーバーチの教えが必要だと思うからです。