シルバーバーチの本が……

 私が本を購入しようと思ったら、やはり今は、インターネットショッピング(ネット通販)になると思います。

 けれども、「シルバー・バーチの霊訓」などのスピリチュアリズムの本は、手に入れることが難しくなっているようです。特に潮文社から出された、近藤千雄さんが訳された本は、価格が高騰しているようです。

 

 ネット通販も便利ですが、私は書店で本を探すのも好きです。どうしてもインターネットでは、自分の好きなジャンルだけに偏ってしまいますが、実際に書店に行ってみると、それこそ雑誌や漫画や小説などもいろいろ眺めては、気になった本をいろいろと手に取ってしまいます。

 そして、けっきょく探していた本とは、まったく違う本を買ったこともありました。

 

 今、潮文社の「シルバー・バーチの霊訓」やスピリチュアリズム関係の本を探しているのでしたら、山村幸夫「神からのギフト」出版会で、臨時販売をされているようですので、問い合わせをしてみるのも良いと思います。

 

 またここの出版会では、「小桜姫物語」と「新樹の通信」の2冊を現代語訳にして1冊にまとめた「小桜姫と新樹の物語」もあります。別々に購入するよりも、こちらを購入した方が良いのではないでしょうか。

 私のおすすめとしては、山村幸夫さんの「神からのギフト」「与え尽くしの愛」、そして、黒木昭征さんの「妙なる神の光に触れて」です。

 ヒーラーを目指している方だけではなく、ヒーリングに興味のある方は、読んでも損はないと思います。

 けれども、これらの本を読んだからといって、ヒーラーになれるわけではありませんよ(笑)

 それと、霊能者と自負される方には、読みたくない本でもあるようですね……。私も霊能力等を自慢する方から「読まない方が良い」と言われました(笑)

 

 ヒーラーである山村幸夫さんは、すでに亡くなられているので、残念ながら一度もお会いすることが出来ませんでした。私より9歳年上ですので、生きていれば55歳になられていたと思います。最近、黒木昭征さんの「Spiritualism 勉強会&心霊治療」に参加して、そこでDVDを通して山村幸夫さんを見ることが出来たので良かったです。

 山村さんの「1つ学んだら、1つ実践させてもらいなさい。2つ学んだら、2つ実践させてもらいなさい。」という言葉を聞いて、すごいな~と感心しました。

(本当にお兄さんって、感じですね~。)

 

 あくまでも私が目で見た「見た目」ですが、山村幸夫さんのヒーリングのやり方と黒木昭征さんのヒーリングのやり方は違って見えます。山村幸夫さんはヒーリングの時に、霊視能力などの霊能力を発揮させて治療に役立てていたようです。

 一方、黒木昭征さんは、山村幸夫さんのような霊能力を持っていないそうですので、見た目の違いが出ているのかもしれません。けれども黒木さんの心霊治療で癒されている人をみて、霊視能力とは関係なく、心霊治療が行われていることがわかりました。

 これは見た目だけの話ですが、私のヒーリングのやり方とも違うので、人それぞれ個性があるのだと思います。

 

 けっきょくシルバーバーチの本のこととは、関係のない話になってしまいましたね。今回は、これで終わりにしたいと思います。