ヒーリング前の夢の中で

 今日は直接ヒーリングをするために、午前中から依頼者の下へと赴く予定です。

けれども私は、今回のヒーリングについて自信がなかったせいか、朝、目覚める前の夢の中で「霊訓原文」を読むように言われました。(「霊訓24、霊訓24だよ」って感じでした。)

 

  24. (神の法則を働かせさえすれば必ず大きな成果が得られるのです)

 「何かをしようとする時、人々はまず、それはうまくいかないのではないかと恐れます。その恐れがこころの波長を乱してしまうのです。しかし、完全な信仰はそのような恐怖を吹き払ってしまいます。「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」と、むかし、神の法則をよく知っていた人・イエス・キリストは教えました。
 イエスは、実際に、神の法則を働かせれば常に偉大な力が現われることを人々に示しました。だからあなた方も、そのように神の法則を働かせさえすれば、必ず大きな成果が得られるのです。」

 

 なるほど、シルバーバーチが教えてくれることを素直に受け入れることが出来れば、本当にイエス様のように偉大な力が現れるかもしれませんね。

 でも、私は幼子のように素直に受け入れられず、心のどこかが邪魔しているのも感じています。それでも、せっかくのアドバイスですので、大切にしたいと思っています。

 

 最近、難病と呼ばれているヒーリングの依頼も何件か受けています。私が感じることは、依頼者の霊的な成長に合わせて症状が和らいでいるように思えることです。

 ただ、霊能力などを持ち合わせていないので、実際は、よくわからないというのが本当の所です。インスピレーションがある時もあるのですが、その程度ですから……。

 

 ところで、私も心霊治療家の方に、最近ヒーリングを受けているのですが、自分の悪い所にその方の手が触れると、その部分がとてもあたたかく感じられました。そう、そこですよって、感じです。

 

 それと、今年初めに、上の子がご飯を2日ほど食べていないので、「どうしたの?ダイエット?」と聞きいたところ、「風邪をひいて、先週から調子が悪くて食欲がない」と言うことでした。

 そこで、「じゃ、ヒーリングするよ」って言ったのはいいのですが、内心では、「拒否されたらへこむねー」という思いがありました(笑)

 午前中、ヒーリングを10分くらいしたのですが、ウンともスンとも上の子が言わないので、あれって思ったものです。

 で、ただ、「出かけてくる」と言って、午後から出かけてそのまま夜の10時になっても帰って来ませんでした。

 2日後、「あの日は体調が良かったんだけどさ~、昨日、バイト先が寒すぎて、体調がすごく悪くなった」ということで、振り出しに戻ったということでした。

 

 今日は、イエス様をみならって……と。