マキさんの死

 昨年のブログ「死後も変わらず……」そして、「死後も変わらず……その後」で、近くに住むマキさんの話を紹介させていただきました。

 そのマキさんが再度の抗がん剤治療を受けて、わずか半年程の昨年11月に亡くなられました。

 この報告を受けた人たちの中に、少なからずショックを受けた方もいるようです。

 

 昨年のブログでも少しふれましたが、マキさんのことを改めて紹介したいと思います。マキさんは60代前半の女性の方で、過去にガンの手術をされた後、辛い抗がん剤治療にも耐えてこられました。

 その後、一人暮らしという理由もあって、自分に万が一のことがあった場合を考え、私の母を通して(守護霊の導きのようですが)私に頼ってこられました。それをきっかけとして、一昨年に他の方からヒーリングを受けて、一時期、読書会にも参加されるようになりました。

 

 そして、しばらくの間はガンの再発も見られず、このまま良い方向へと進んでいくだろうと思われました。何故なら、今までの身勝手な振舞いを反省して、少しでも人の役に立ちたいとの思いから、近所の掃除とゴミの片付けを日課としていたそうです。

 また、毎朝、神と守護霊にお祈りをした後、世の中の恵まれない子供たちが幸せになるように祈っていたと話されていました。

 そういう生活をマキさん心がけているうちに、同じようにガンで苦しんでいる人から、いろいろと相談されるようにもなったそうです。

 

 とは言っても、私も経験しておりますが、どんなに反省しても、そう簡単に、今まで積み重ねてきた自分が変われるわけではありません。それでもマキさんは、自分で気づいた悪い所を一生懸命変えようと努力されていました。

 もともとマキさんは素直な方なのだろうと思います。ちょうど1年くらい前に「読書会に参加して、心が綺麗になってきたのがわかる」と、嬉しそうに話していました。

 そのように話す一方で、まだ若い頃のマキさんは、車の中からゴミを道路に捨てることなど平気だったそうで、自分の子供にも同じようにさせてきたそうです。「自分たちだけが良ければそれでいい……」ということに、何の疑問も持たなかったと言っていました。

 

 以前のマキさんは、自分がガンになったことで死への恐怖におびえながら生きてきたそうですが、シルバーバーチの教えを知ってからは、神を信じるようになったそうです。

 そして人は、肉体の死で全てが終わりではなく、死によって霊界で第2の人生を始めていくことが出来るということも、信じられるようになってきたと言っていました。

 さらに、先に亡くなった姉のアイさんの幸せのために、マキさんが努力されたことは、以前のブログを読んでくださればわかると思います。

(※そのブログを書き終えた後、私は「この地上でマキさんがやるべきことを終えてしまったのではないか?」と感じていました。それでも抗がん剤の治療については、私なりにいろいろな思いがありますけど……。)

 

 マキさんと最後に会ったのは、「死後も変わらず……その後」のブログを書いたすぐ後のことです。ですから去年の夏が最後となりました。(地上的には……そうなりますね。)

 その時のマキさんの一言が忘れられません。

 「もう、死ぬのは怖くない。霊界で、お姉さんと会って楽しく生きていけるならいい……。ガンになって、良かったと思っている。何も知らないで、汚い心のままで死んでいくのは嫌だから……。」

 数年前から持っていた小さなお守りに、死の恐怖から救ってくれるように必死にお願いをしていた姿からは、とても想像することが出来ない言葉ですね。

 

 「死後も変わらず……」「死後も変わらず……その後」「マキさんの死」のブログをみなさんにご紹介することで、少しでもどなたかの役に立てることを願っています。

 

 マキさんの霊界でのさらなる向上と幸せを祈っております。