過去の指導から

 今から十数年以上前のことになりますが、心霊治療家たちからアドバイスを受けたことがあります。もちろん、相談は無料でしたよ~(笑)

 そのアドバイスを今、思い出して、いろいろと考えさせられています。

 

 一つ目は、「心霊治療家(ヒーラー)となったからといって、自分の魂を磨くことをし続けなければならない。自分に霊力が流れるようになったからといっても……まだまだです。始まったばかりですよ。」これは、ある若い男性の心霊治療家の方から、言われたことです。当時の私は30歳過ぎでしたから、私よりも少し上くらいの方でした。空手をしていたそうですが、山村幸夫さんではないですよ~。(会いたかったですね……。)

 ちなみに私も、過去は、柔道と剣道を習っていたこともあるのですが、今は、全くやっていません。ですから、何かあったら、まず逃げますよ(笑)

 

 二つ目は、「短所を直そうとしても、簡単にはいかないと思います。あなたの長所を伸ばす努力をされたらいかがでしょうか?」これは、私の母ぐらいの年齢の女性の心霊治療家から受けたアドバイスです。もう、人生で失敗ばかりしてしまって、自分の悪い所をどうすればいいのかがわからなかった時でした。

 

 それらは今から十数年前に、私が受けた霊的指導でもあったのですが、やはり、私のために言ってくれた言葉は、いつになっても残っているものですね。

 

 霊的なこととは別にして、今まで私には、私を指導してくれる人たちが、必ずついてくれたように思います。それこそ、「何でここまで人のために出来るのだろうか?」という人たちが周りにいましたので、私は、「何故?そういう気持ちが湧くのですか?」と何度も聞いたりしました。時には、いろいろと反発もしましたね……。

   当時の(今も?)私には、何故そこまで出来るのか?とても理解が出来ません。

 

 それでも私が、人のために役立ちたいと思ったのは、職場で関わってきた、尊敬する先輩たちのおかげです。

 東日本大震災の時に、ある先輩は、少しでも人を助けたいという思いから、あらゆるつながりを使って、多くの職場に呼びかけ、南三陸町へ必要な物資を集めて送り、自らも炊き出しに行かれました。

 でも、私はわずかながらの募金しか出来ませんでした。私には、その先輩のような大きなことは出来ないし、またまたその前の(亡くなった)先輩のように、弱い立場の人を守れるような社会にするための行動力もありません。

 

 で、私に出来ることで、他の方がやっていないこと……。それは、「霊的真理を広めること」以外にないのですよね。どういうわけか職場でも、一部の方には受け入られているようなので、私の長所でもあるのでしょうね。

 

 短所をどうするか?これで、私は、けっこう時間をかけて悩んでしまったのですが、よく考えたら、その短所でそれほど人に迷惑をかけたわけでもないのです。(うーん、どうすればいいのでしょう?)

 ですから、私の短所はゆっくりでも直していくということして、もっと長所を伸ばしていこうかな?って、思っています。(自分のダメな所を直そうとして頑張ったら、その思い(動機)も利己的だったみたいです。本当に難しいですね。)

 

 ただ、とてもつらくても、自分を向上させる努力をされている方の話しも聞いていますので、頭が下がります。

 またまた今回も、何が言いたいのかわからない話になってしまって、本当にすみません。