ヒーラーのAYUさん、そして私の反省と……。

 もしも私が、「ヒーリングをして下さる方を紹介してください」と尋ねられたら、最初に名前をあげるのは、AYUさんとなるでしょう。えーと、自分は……置いといて下さい。

 

 何故かと言うと、霊界側からのインスピレーションで、AYUさんがヒーラーであることを私に伝えてくれたことも、その一因ですが、何よりも、遠隔ヒーリングや直接ヒーリングによって、その場ですぐに癒されてしまうこともあるからです。

 それでも、ヒーラーとしての道を歩まれたばかり(私もそうですが……)の方ですので、今後、数年の月日が経った頃には、凄いことになっているかもしれませんね。

 

 AYUさんの直接ヒーリングを短時間ですが受けたことがあります。まず、肩に置かれたAYUさんの手のひらが、非常に温かく感じられました。

 その感覚は、ナナさんとは違うようですね。ナナさんは、私の肩に手を置かれた時に、「あらっ、エネルギーが跳ね返るわ」と言われましたが、手のひらはそれほど温かく感じられませんでした。

 もちろん、ケイコさんの時とも違っていましたので、たぶん、ヒーリングをする方によって治癒エネルギーが違うように、それぞれ置かれた手にも個性が出るのだと思われます。

 

 日頃からAYUさんは、外出中にゴミを見つけると拾われているそうです。これは、スピリチュアリズムを知り、学ぶようになる前からされていたそうです。

 ですから、間違っても、AYUさんの前で、タバコのポイ捨てとかしない方が良いですよ。たぶん、怒られますよ~(笑)

 (※ちなみに私は、過去、タバコを吸っていた時に、ポイ捨てをしたことがあります。先に謝ります。すみません反省しております。あと、いろいろあります……。)

 

 そんなAYUさんが、仲間の方たちと協力して遠隔ヒーリングをすることもあるようですが、真っ先にAYUさんが依頼者を治されてしまうことも多いように思われます。

 ケイコさんが言われたことですが、AYUさんと私と同時に遠隔ヒーリングを行うと、エネルギーが大きく感じられるということでした。私もAYUさんと行うとそう感じます。

 さらに、直接ヒーリングでも、事故によって数年間も苦しまれた方の痛みを、その場で解消されてしまわれたという話も聞いていたので、依頼者の方もとても驚かれたのではないでしょうか?

 

 しかし、AYUさんも始めから、今のように治癒力を発揮されたわけではないようです。

 今まで、様々な苦しみの人生経験を、たくさん積み重ねて来られたのは言うまでもないようです。そして、ヒーラーとなる方の通る道なのかもしれませんが、命に係わる大病を患ったことで絶望し、それをきっかけとしてヒーリングと出会い、それによって、自らがヒーラーとしての道を歩まれたそうです。

 AYUさんは、とても正義感が強く、物事をやり通す情熱も大変なものがあります。そこを私も見習おうと思っています。

 

 その一方で、私の方を振り返ると、お酒をとうとう飲んだりしてしまい、何とも情けないのですが、私らしいとも思っております。

 本当は違う機会に、ブログで書こうかとも思ったのですが、今回は、ここで書くことにしました。

 お酒の問題だけをみても、飲むとか飲まないとかという、白黒・勝ち負けのような思考に囚われてしまっていたようです。反省の仕方も良くなかったのだと思います。

 再び、お酒を飲んでしまったのも、私の力では及ばない(いたらない)がためだったと思われます。

 それでも、ある居酒屋に顔を出すことによって、10年以上前に、迷惑をかけてしまった方に、やっと謝罪することも出来ましたし、その日に、別の方にも、友人をめぐって言い過ぎた過去のことも謝罪することが出来ました。

 自分が過去に起こした過ちは、いくら善行を心がけるようにしてきても、なかったことには出来ないのかもしれませんね。そういう意味では、自分の暗く嫌な過去から、ただ、逃げていたことに気づくことが出来ました。

   その暗く嫌な過去の自分も、間違いなく私であるのですから、何とか過ちを償うことができて良かったと思います。

   だからといって、昔のようにお酒を飲むことは、とても辛く感じていますから、もうコリゴリですよ。だから、また、飲まずに頑張ろうと思っています。

 

 一言で、霊性の向上と言っても大変であることを、今さらながらに実感しています。また、人生における失敗や苦しみ、あるいは病気や貧困なども含めて、その時にはわからずに絶望しか感じられなくても、AYUさんの例をみても、人を救うために必要だったのかもしれないと思えるようになりました。

 シルバーバーチから知識として学んだできたことを、自分の体験と照らし合わせても正しいということがわかってきました。が、さらに、いろいろな方と交流して話を聞いているうちに、やっぱり正しいと思えるようになりました。

 

 今さらですが、自分のことを振り返り、「自分(だけ)の霊性を向上させよう。」という思いが、それが人のためでもあると言ったところで、そこに利己心があることは、霊界側はお見通しなようでした。

 そこをいかにのりこえて、向上していけるだろうか?と、私は、今、考えているところです。だから私は、もっともっと、学んでいきたいと思っています。