シルバーバーチ読書会に参加するまで(中)

 私が読書会に参加したきっかけは、激痛を伴う腰痛に苦しめられたことが原因です。感の良い方は、スピリチュアルヒーリングで治してもらおうと探していたら、「シルバーバーチ読書会」にめぐり合って、まずは、読書会に参加して、その真偽を確かめた……。と思うかもしれませんね。半分は当たっていて、半分は、違っています。

 

 忘れもしない平成26年12月31日、つまり大晦日に、私の腰がウッとなりました。このウッというのは、ギックリ腰を経験した方ならわかると思いますが、腰が非常にまずいことになる前触れです。

 「まっまさか、元旦から、腰痛で歩けなくなるの?しかも、今からじゃ医者に診てもらえないよ……。」と、痛みだけではなく恐怖も襲ってきました。

 次の日の朝、元旦早々、腰に激痛が走り、右足にも痺れと痛みがおこりました。それでも、歩かなくてはいけなかったので、本当に必死で痛みに耐えていたことだけは覚えています。

 今まで私は、肩甲骨の骨折を経験していますし、その後5年くらい痛みがぶり返していたので、ある程度の痛みには耐性があると思っていたのですが、その時の痛みは、異常すぎるくらい痛かったです。(腰痛を軽く見ていたことを反省しました。本当にすみません。)

 それでも、20代の時にギックリ腰を経験していたので、医者に診てもらえば、なんとかなるだろうと希望を持っていました。しかし、正月が過ぎて2月に入り、いつの間にか春の息吹が感じられるようになった3月に入っても、腰痛の方は、相変わらず一進一退を繰り返していました。

 

 整体、接骨院、整形外科、内科に通って、リハビリもしたのですが、いったん激痛がでると何をやってもおさまりませんでした。それこそ、シップや痛み止め、内服薬、腰痛ベルト、ストレッチポール、最後は座薬までやったのですが、あまり効果はありませんでした。

 少しでも効果を感じられた方法は、腰痛に効く体操や、ストレッチをすることと、サイクリングやウオーキングなどの運動を無理をしない程度にすることでした。

 それと整体に通ったときに、ある若い男性の方がマッサージをしてくれた時にだけ、一時的に痛みがとれることがわかりました。この男性からは、まちがいなくマグネティックヒーリングのエネルギーが流れています。こういう方にマッサージをしてもらうと、得した気分になれますよ。

 

 とにかく元旦からずっと続く痛みのせいで、生きるのも嫌になってしまって、何度もくじけそうになりましたが、何とか良い知恵はないだろうかと、いろいろインターネットで調べたりもしました。

 それでも、心霊治療やスピリチュアルヒーリングだけは、過去のわだかまりが強くあったので、この時信じることも出来なかったし、頼ろうとも思っていませんでした。

 心霊治療家を目指している私でさえ、心霊治療やスピリチュアルヒーリングを信じられない過去があるわけですから、それだけ質の悪い心霊治療家やスピリチュアルヒーラーが世の中にいるということです。

 

 当たり前ですが、お金をたくさん払ったからと言って、それでヒーリングの効果が高くなるわけではありません。高いお金を要求するヒーラーには、近づかない方が身のためです。

 もしも病人が目の前にいても、お金がないという理由で断るのなら、その方は、何のためにヒーラーとして生きているのだろうかと疑問に思ってしまいます。

 

 思っていたより長文になってしまったので、別の日に続きを書きたいと思います。