「足立シルバーバーチ読書会」(毎月、第一日曜日)


『開催場所 東京芸術センター9階 会議室 〒120-0034 足立区千住1-4-1(北千住駅西口)』

            

  日程は、ホームで確認して下さい。参加費は無料です。テキストは無料で用意いたします。(今のテキストが終了した後は、各自で本を用意してもらう予定です。)

 

 読書会に初めて参加される方は、「お問い合わせ」を通して、一度ご連絡下さい。(※席の都合により、定員は16名とさせていただいております。)

 ※一度、読書会に参加された方は、その後の読書会の参加は自由となります。また、一度だけの参加や見学だけでも歓迎いたします。参加者たちの協調性を大切にされる方で、シルバーバーチの霊訓を、少しでも読まれている方を歓迎しています。

読書会について


 「足立シルバーバーチの会」は、月に一度、2017年10月1日より)読書会を開催しております。

 

 シルバーバーチの霊訓では、「真理普及の仕事に携わる人にも、奉仕の情熱、落胆、試練、そして悟り、このパターンの繰り返しである」と述べています。そして、「これは魂が自我に目覚め、内在する神性を開発せんとして必死にあがく一種のシーソーゲームのようなものです。」と続きます。

 それぞれの方が、時には思うようにいかないこともあると思います。だからこそ、何よりもお互いを尊重し、メンバーの霊性向上を目指して、誰もが明るく楽しく、優しさを忘れずに学んでいける場にしていきたいと思っています。

 

 それでは、会の流れについて簡単に説明していきます。

 

 読書会が始まる30分前には、会場の準備をしています。早く会場に着いた方は、遠慮せずに入ってください。 

      

①読書会の開始時に、3分間の瞑想をみなさんで行います。調和の思いを持つことに努めたいと思います。

 

そして、輪読に入る前に、その月に学ぶテーマについて、自分なりに感じたことを、自己紹介とともに、順番に2分程度で話してもらいます。
(※ただ、無理をしてまで、話してもらうわけではありませんので、話したくない人は、パスをしてください。)

 

③「シルバーバーチの本(テキスト)」を、順番に声を出して読んでいきます。

 (※もしも声を出して読みたくない方は、無理する必要はありませんので、最初に伝えて下さい。)

 

④お互いにシルバーバーチの霊訓を読んだ感想や質問、意見などをかわしていきます。

 

 ――だいたいここまでで、一時間を超えるくらいになると思います。シルバーバーチの教えから、霊的知識を学んでいきます。――

 

        途中、5分程度休憩をいれます。

 

⑤後半は、シルバーバーチの霊訓の他に、その月のテーマに沿って、スピリチュアリズムに関する話なども交えながらみなさんとお話をしていきたいと思います。

 

 ―― 必要があれば、実際のヒーリングの体験等も紹介しながら、知識を深めていきます。――

 

  ※遠隔ヒーリングを希望する方は、遠慮せずに伝えて下さい。出来れば、ブログ『心霊治療(ヒーリング)とは』に、一度目を通して欲しいと思います。

 

⑥他に質問などがあれば、それに答えて、時間になりしだい終了となります。

 

 2時間20分という限られた時間となりますが、参加者のみなさんと充実した読書会にしていきたいと思っています。

 

※足立シルバーバーチの会では、「シルバーバーチの霊訓」を中心に学んでいます。必要に応じてスピリチュアリズム関連の本(アラン・カルデック著「スピリティズムによる福音」、G・V・オーエン著「ベールの彼方の生活」、その他)なども参考にしています。

 

 ここでは、「スピリティズムによる福音」の一部をご紹介させていただいています。