自己紹介


 私は、1971年に、病弱で、なんら特別な力ももたずに、この世に生を受けました。会社員をしております。あとは、人より少しだけ霊感があるくらいで、特別な霊能力は持っていません。

  幼少の頃は、私の名前を呼ぶ霊の声が聞こえていましたが、小学校2年生の頃には聞こえなくなっていました。

 そして、その頃引っ越しをしたのですが、すぐ近くだったので、学校は変わりませんでした。ですが、今まで仲良しだった人たちと遊ぶ機会も減って、引っ越し先の子供たちと自然に遊ぶようになっていきました。

 近くには、公園や荒川土手があったので、いつもみんなと外で遊んでいたように思います。もっとも、狭いアパートだったということもありましたが・・・。

 

 左の写真は、今でも休みの日になると、ときどき散歩をしている荒川土手です。下の写真は、近くの公園です。

 小さい頃の時と違って、荒川土手も整備されてきています。

五色桜でも有名です。けれども、カニやザリガニ、昆虫などの生き物がいなくなってきて、寂しい気もします。

 


 そのころから、生まれもった持病である「ぜんそく」の発作が、たびたび出るようになりました。呼吸が出来ないということは、今思いだしても、つらいものです。

 今でも覚えていますが、小学生の頃、とても苦しくて、台所の包丁を手にして死のうと思いました。けれどもその時は、衰弱しすぎて、その場から一歩も動けませんでした。

 ある時は、空に向かって、「神様はいないのか?イエス様は、私を見捨てたのか?」と恨みの言葉を吐いていました。

 

 それ以来、24歳ころまで、ぜんそくで苦しむことになりました。ただ、私の場合、幸いなことに、入院をするほど重症ではなかったのですが、不幸なことに、薬がほとんど効かなかったので、一度発作が起きると夜も眠れず、最低、1週間から12日間くらい、苦しみに耐えなくてはなりませんでした。

 

 中学生に上がったころ、「何故、いつも決まった時期に苦しむのか?何故、苦しみの前兆と苦しみの終わりが、自分でわかるのか?何故、薬が効かないのか?」自分では、わからないけれども、何か原因があるはずだと思い始めました。

 


 そのような思いで過ごしたある日、たまたま近所の本屋さんに入った時のことですが、数多くの本がある中で、引き寄せられるように、一冊の本だけが目に入りました。 

 その本には、霊障によって病気がひきおこされることが、書かれていました。そして、神を信じて、心霊治療というものをすれば、病気が治るという内容です。

 これで、救われるはずだったのですが、そうはなりませんでした。過去に、何人かのヒーラーによって書かれた本を読みましたが、有名になった頃には、すでに、ヒーリング能力が失われてしまっているようでした。

 

 それからというもの、何かに取りつかれたように、霊界に関する本を読みあさるようになりました。

 

 今、思い出しても恥ずかしいのですが、霊的知識が豊富になるにつれて、その知識を持っていることが、なんだか特別のような気がしていました。そのために、霊的知識のない人を見下すような、とても傲慢な人間になっていたと反省しています。


 ふりかえると、中学生の頃から、心霊治療家として生きていきたいと思うようになったのですが、何故か、大人になってからも、その機会があるにもかかわらず、気持ちが前へ行きませんでした。

 

 それは、多くの心霊治療家が、多額のお金を要求するために、お金のない子供たちや弱い立場の人たちは、病気の相談をすることさえ出来なかったのが原因でした。

 

 そのような心霊治療家では、本当に困っている人を見殺しにするようなものでしかないと、怒りを覚えていたせいでもあります。心霊治療は、誰のためのものなのか……?

 

 そのような日々を幾年か重ねていき、これといった夢も希望もなく、生きている意味もわからまま、過ごしてきてしまいました。そして、周りの方にも、たくさんの迷惑をかけてしまいました。

 そして、30歳を過ぎて、バイクでの大きな自損事故を起こし、本当に、あと一歩で危うく向こう側に行くところでした。守護霊をはじめ、霊界側の配慮によって、こうして再び地上で、チャンスを頂きました。そうでなければ、いまだにあの世で苦しみ続けていたことでしょう。

 

 それから、再び霊界に関する本を読むようになるうちに、シルバーバーチの霊訓との出会いがあり、スピリチュアリズムを学ぶようになりました。


 スピリチュアリズムと出会ったまではいいけれども、どん底に落ちて、夢も希望もないまま、これから何を目標にしていけばいいのか、わからないままでした。それでも、少しでも、人のために良いことをしていこうと思い始めたのも、この頃だったと思います。

 

 それからまた、10年以上の月日が経って、平成27年8月に、元旦から続いている激痛を伴った、どうしても治らない腰痛をきっかけに、「シルバーバーチ読書会」のことを知り、9月の読書会と10月の講演会にも参加しました。それ以来、霊的真理を学び、それに沿った生き方をすることが、いかに大切であるのかがわかりました。そこで出会ったみなさんには、本当に感謝しております。さらに、他のシルバーバーチ読書会の参加、精神統一や心霊治療の指導を受けさせていただいたことも、とても良い経験になったと思います。

 

 平成28年3月6日、早朝、目覚める直前に、紙で出来たレリーフのようなものが青空の中に現れて、そのレリーフの中に一文字ずつ「霊力が流れる……その後の字は忘れちゃいました(笑)」という文字が浮かびあがりました。そして、レリーフの周りに、祝福してくれる霊界の方たちの気配を感じたのですが、姿は見えませんでした。今思い出しても、とてもメルヘンチックな映像を見させてもらいました。

   さらに4月4日、午前2時、今度は暗い空間の上方に、大きな扉が現れて「霊的真理の鍵が開く」という言葉とともに、その扉の中央にある大きな鍵がガチャリと開いたところで目が覚めました。その時、やはり何人かの気配を感じていたのですが、扉まで案内をしてくれた女性の姿だけしか覚えておりません。

 

 そうこうしてるうちに、今までの暗黒界をさまよっているような心境が、嘘のように消え始め、再び、霊界の道具としての道を歩む目標を持つことが出来ました。おおよそ、このような道のりをたどって来て今に至ります。が、自分でも情けないくらい未熟さを実感しております。

 けれども、今後も、これを見て下さったみなさんとともに、成長していきたいと思っています。そして、みなさんの幸せを願いつつ、神の計画を推進する道具として歩んでいきたいと思っています。

 

              2017年5月   足立シルバーバーチの会

                                                      代表  若佐義秋