ベールの彼方の生活(二)

「天界の高地」篇


一章 序説

2 善と悪

          一九一三年十一月四日 火曜日

 神の恵みと安らぎと心の平静のあらんことを。

 これより述べていくことについて誤解なきを期するために、あらかじめ次の事実を銘記しておいてほしい。
 すなわち吾々の住む境涯においては、差し当たり重要でないものはしつこく構わず、
現在の自分の向上進化にとって緊要な問題と取り組み、処理し、確固たる地盤の上を一歩一歩前進して行くということである。もとより永遠無窮の問題を心に宿さぬわけではない。
 〝究極的絶対者〟の存在と本質及びその条件等の問題をなおざりにしているわけではないが、今置かれている界での体験から判断して、これより先にも今より更に大いなる恩寵が待ち受けてくれているに相違ないことを確信するが故に、そうした所詮理解し得ないことは理解し得ないこととして措き、そこに不満を覚えないというまでである。
 完全な信頼と確信に満ちて修身に励みつつ、向上は喜ぶが、さりとてこれより進み行く未来についてしつこく求めることはしないということである。それ故、これより扱う善と悪の問題においても、吾々が現段階において貴殿に明確に説き得るものに限ることにする。
 それは、かりに虹を全真理に譬えれば、一滴の露ほどのものに過ぎぬし、あるいはそれ以下かも知れないことを承知されたい。

 〝悪〟なるものは存在しないかの如く説く者がいるが、これは誤りである。もし悪が善の反対であるならば、善が実在するごとく悪もまた実在する。たとえば夜と言う状態は存在しない──それは光と昼の否定的側面にすぎない、と言う理屈が通るとすれば、悪なるものは存在しない──実在するものは善のみである、と言う理屈になるかもしれない。

 が、善も悪もともに唯一絶対の存在すなわち〝神〟に対する各人の心の姿勢を言うのであり、その一つ一つの態度がそれに相応しい結果を生むに至る必須条件となる。ならば当然、神に対する反逆的態度はその反逆者への苦難と災害の原因となる。

 神の愛は強烈であるが故に、それに逆らう者には苦痛として響く。流れが急なれば急なるほど、その流れに逆らう岩のまわりの波は荒立つのと同じ道理である。火力が強烈であればあるほど、それに注ぎ込まれる燃料と供給される材料の燃焼は完全である。
 神の愛をこうした用語で表現することに恐怖を感ずる者がいるかも知れないが、父なる神の創造の大業を根源において支えるものはその〝愛〟の力であり、それに逆らう者、それと調和せぬ者には苦痛をもたらす。

 このことは地上生活においても実際に試し、その真実性を確かめることができる。罪悪に伴う悔恨と自責の念の中でも最も強烈なものは、罪を働いた相手から自分に向けられる愛を自覚した時に湧き出るものである。

 これぞ地獄の炎であり、それ以外の何ものでもない。それによって味わう地獄を実在と認めないとすれば、では地獄の苦しみに真実味を与えるものは他に一体何があるであろうか。
 現実にその状況を目の当たりにしている吾々は、神の業が愛の行為にあらざるものは無いと悟って悔恨した時こそ罪を犯した者に地獄の苦しみがふりかかり、それまでの苦しみは本格的なものでなかったことを知るのである。

 が、そうなると、つまり悪に真実味があるとなれば、悪人もまた実在することになる。盲目は物が見えないことである。が物が見えない状態があると同時に、物が見えない人も存在する。また物が見えないという状態は欠如の状態にすぎない。
 つまり五感あるべきところが四感しかない状態にすぎない。が、それでもその欠如には真実味がある。生まれつき目の見えない者は視覚の話を聞いて始めてその欠陥を知る。
 そしてその欠陥の状態について認識するほど欠如の苦しみを味わうことになる。罪もこれと同じである。
暗闇にいる者を〝未熟霊〟と呼ぶのが通例であるが、これは否定的表現ではない。〝堕落霊〟の方が否定的要素がある。
 そこで私は盲目と罪とを表現するに〝無〟と言わず〝欠如〟と言う。生まれつき目の見えない者は視力が無いのではない、欠如しているにすぎないのである。


 罪を犯した者も、善を理解する能力を失ったのではない、欠如しているにすぎない。譬えてみれば災難によって失明した状態ではなく、生まれつき目の見えない人の状態と同じである。

 これは聖ヨハネが〝真理を知る者は罪を犯すことを能(あた)わず〟と述べた言葉の説明ともなろう。
 
但し論理的にではない。実際問題としての話である。と言うのは、真理を悟って光と美を味わった者が、みずから目を閉じて盲目となることは考えられないからである。

 それ故に、罪を犯す者は、真理についての知識と善と美を理解する能力が欠如しているからである。
 目の見えない者が見える人の手引きなくしては災害に遭遇しかねないのと同じように、霊的に盲目の者は、真理を知る者──地上の指導者もしくは霊界の指導霊──の導きなくしては罪を犯しかねないのである。

 しかし現実には多くの者が堕落し、あるいは罪を犯しているではないか──貴殿はそう思うかもしれない。その種の人間は視力の弱い者または不完全な者、言わば盲目にも似た者たちである。つまり彼らは物が見えてはいても正しく見ることが出来ない。
 そして何らかの機会に思い知らされるまでは自分の不完全さに気がつかない。色盲の人間は多かれ少なかれ視力の未発達な者である。そうした人間が道を誤らないためには〝勘〟に頼るほかはない。
 それを怠る時、そこには危険が待ち受けることになる。
罪を犯す者もまた然りである。

 が、貴殿は当惑するかもしれないが、一見善人で正直に生きた人間が霊界へ来て、自分を未発達霊の中に見出すことが実に多い。意外に思うかもしれないが、事実そうなのである。

 彼らは霊的能力の多くを発達させることなく人生を終え、全てが霊的である世界に足を踏み入れて始めてその欠如に気づく。知らぬこととは言え、永きに亘って疎かにしてきたことについて、それから徐々に理解して行くことになる。
 それは盲目の人間が自分の視力の不完全さに気づくことなく生活しているのと同じである。しかも他人からもそうと知られないのである。

──何か好い例をお示し願えませんか。

 生半可な真理を説く者は、こちらへきて完全な真理を説かねばならなくなる。インスピレーションの事実を知る者は実に多いが、それが神と人間とのごく普通の、そして不断の連絡路であることは認めようとしない。
 こちらへくれば、代わって自分が──資格が具われば──インスピレーションを送る側にまわり、その時はじめて自分が地上時代にいかに多くのインスピレーションの恩恵に浴していたのかを思い知る。

 こうして彼らはまず自分に欠如した知識を学ばねばならない。向上とはそれからのことであり、それまでは望めない。

 さて、悪は善の反対である。が、貴殿も知る通り双方とも一個の人間の心に存在する。そのいずれにも責任を取るのはあくまで自由意思に係わる問題である。その自由意志の本質とその行使範囲については又の機会に述べるとしよう。

 神のご加護のあらんことを。アーメン ✟