5章 絶対的摂理の存在


〔宇宙は逃れようにも逃れられない自然法則によって支配されている。いかなる霊もその法則を変えたり、それを犯した時に生じる結果から逃れさせてあげることは出来ない。しかし、そうした法則の存在を教えることによって無知から生じる危険から救ってあげることは可能である。シルバーバーチはそうした法則ないしは摂理の中から、例えば引力の法則のような身近なものを取り上げて説き明かす〕

 

 私たちは大霊が定めた摂理をお教えしようとしているのです。それを守りさえすれば物的生活に健康と幸せをもたらすことが出来るからです。教会で説教している人たちはいつの日かその間違いをご破算にしなければなりません。いかなる人間も摂理の働きかけから逃れることはできません。牧師といえども逃れることはできません。なかんずく霊の声を聞いた者(良心の痛みを感じた者)はなおさらのことです。間違っていると知りつつ改めることの出来ない者は、知らずに犯す者より重い責任を取らされます。

 

 魂が目覚め、霊力とともにもたらされる愛の恩恵に浴した人、つまり霊的真理の啓示の恩恵に浴しながらもなお自分中心の生き方に終始している人は、その怠慢に対する罰がそれだけ大きくなります。知らずに犯したのではなく、知っていながら犯しているからです。人のために役立てるべき霊能を授かりながら、それを銀貨三十枚で売っている人が大勢います。

大霊はあなた方すべての内部にあるのです。進化の跡をたどれば確かに人間もあらゆる生命体から進化してきており、遺伝的には動物時代の痕跡も留めておりますが、それを遥かに凌ぐ資質として、大霊から授かった神性を宿しており、それを機能させれば地上にあっても神の如き生き方が可能なのです。

 

 病気に関しても、人間の内部にはいかなる病気でも自らの力で治す治療力と、いかなる困難をも克服する霊力をそなえているのですが、あなた方はまだそれを実感しておりません。いざという窮地において引き出せる霊力の貯蔵庫を持っているのです。神の王国は各自の内部にあるのです。そのことがまったく理解されていないのです。

 

 その貯蔵庫から必要なものを引き出すにはどうすればよいかと言えば、大霊の摂理にのっとった生活に徹しさえすればよいのです。しかし、果たして何人の人がそう心掛けているでしょうか。

 

 人生は行為だけで成り立っているのではありません。口に出して述べること、そして頭や心の中で思考することも大切な要素です。行いだけが責任を問われると思ってはいけません。確かに行いが重大な要素を占めていることは事実ですが、言葉や思念も、あなたという存在の大切な一部です。よく言われるように、人間の多くは思想の主人であるより奴隷となっております。

 

〔シルバーバーチがよくテーマにするものの一つが、地上人類が肌の色に関係なくみな同胞であるということである。ある日の交霊会でこう述べている――

 

 私たちは一人の例外もなく大霊の一部です。そのうちのある者の肌を赤くし、ある者を黄色にし、ある者は無色(白色)のままにしました。しかし、こうしたことも大霊の無限の叡智による計画の一端なのです。

 

 その肌色の一つ一つに意味があり、目的があるのです。しかし今のあなた方にはそれは理解できないでしょう。いつの日か大霊の摂理の理解が行きわたった時点で、すべての肌の色の人々が混ざり合い、互いに愛の心でもって睦(むつみ)み合う日が来ます。

人間を肌の色で見分けるのではなく、その奥の魂で見分けるようになるまでは、地上界に真の平和は訪れません。

 

 このサークルの指導霊も地上のほとんど全ての人種から構成された一つの共和国となっていることにお気づきでしょうか。そのようにした理由は、どの民族も他の民族にないものを所有しており、そのおのおのが独自のものを持ち寄ることによって最高のものが出来あがるという理解に達したからです。黄色人種ならではの貢献の場があり、白人には白人ならではの貢献の場があるということですが、今の段階では地上人類にはこの点の理解が十分ではありません。

 

 あなた方の一人一人が大霊の一部であることを忘れてはいけません。あなた方一人一人が大霊の仕事、大霊の力、大霊の愛、大霊の知識に、その分に応じて貢献できるということです。例えば自分より力の劣る人を少しでも向上させてあげる上で貢献すれば、その分だけ大霊の力があなた方を通して顕現したことになるのです。

 

 それをいかなる形でするか、相手が誰であるか、いずこの暗闇に光明をもたらすかは問題ではありません。挫折した人々を元気づけ、弱っている人々に力を与え、暗闇に光明をもたらし、飢えている人々に食べものを施し、身体を横たえる場所もない人々に休息場所を提供してあげればよいのです。

そうした仕事の一つ一つが大霊の仕事の一部なのです。その仕事に無心にたずさわっている時、それがあなた方の想像を超えた結果を生み出すように、背後に大きな力が引き寄せられて援助してくれます。

 

 大霊が働きかけるのは教会や大聖堂や寺院だけではありません。霊力に反応する人がいれば、そこがどこであろうと大霊は誠意に燃えた高級界の霊団を派遣します。

 

 地上の人間はとかく神の働き場所を限定して考え、特別な資格を持った人々を通してのみ働きかけるかに思いがちですが、地上界へつながる通路さえあれば、どこであろうと、いつであろうと、誰であろうと、その通路を使って働きかけます。

 

 霊力には地上的な差別、階級や肩書き、社会的地位や肌の色、国家や民族の違いなどは関係ありません。その霊力に反応する人であれば、それが誰であろうと、そこがどこであろうと、高級界からの霊力を注ぎ、精神を明るく照らし出し、魂を鼓舞し、神のブドウ園の園丁として使用します。

 

 どうかこの事をしっかりと学び、大霊のため、そして暗闇の中、重圧の下、人生の嵐の中で難儀している大霊の子等のためにという決意のもとに、彼等の重荷を少しでも軽くし、新たな希望、新たな知識、新たな光明、新たな力を届けてあげてください。それを授かった人は身体は新たなエネルギーに溢れ、精神は勇気に溢れ、霊は生気を取り戻して、大霊から授かっている資質の素晴らしさを満喫することになるでしょう。

 

 かくして本当のサービスの喜び、自分自身には何も求めず、ひたすら他人の霊的向上のみを目的とするサービスの醍醐味を味わうことになります。

 

〔これまで地上人類に知らされていなかった“重大な秘密”――永遠不変の霊的摂理――が明かされる〕

 

 大霊は無限の存在であり、あなた方はその大霊の一部です。もしも完ぺきな信念をもち、正しい人生を送れば、大霊の恩寵にあずかることができます。

 

 地上界の全ての人が完ぺきな信念をもてば、大霊はそれぞれの願いを嘉納されることでしょう。魂が真剣に求め、しかも大霊に対する絶対的信念に燃えていれば、必ずやその望みは叶えられるでしょう。

 

 神の摂理はそのようにして働くのです。つまり摂理に順応した生活を送っていれば、望み通りの結果が生じるようになっているのです。結果が出ないということは、生き方のどこかに摂理に順応していないところがあることの証拠です。

 

 歴史をひもといてご覧なさい。最も低い界層、最も貧しい民の中から身を起こして、厳しい試練の末に偉大なる指導者となっているケースが少なくありません。試練に耐えずして神に不平を言ってばかりいる人を相手にしてはいけません。

 

 もちろん時には挫折して不遇に喘ぐこともあるでしょう。しかし、完ぺきな信念に燃えていれば、いつかはきっとこの世的な不遇から立ち直ることが出来ます。大霊の象徴である太陽に向かってこう言うのです――「私は大霊の一部だ! 私を破滅させ得るものは何もない。永遠の存在なのだ! 無限の可能性を秘めた存在なのだ! 限りある物質界の何一つとして私を傷つけることは出来ないのだ!」と。もしもこれだけのことが言えるようであれば、あなたが傷つくことは絶対にありません。

 

 誰しも心に恐れを抱きつつ出発します。望み通りにならないのではなかろうかという不安です。その不安の念がバイブレーションを乱すのです。しかし「完全なる愛は恐れを取り除く」(ヨハネ一)と言い、「まず神の国とその義を求めよ。そうすればそれらのものは皆お与えくださるであろう」(マタイ六)と言われております。

 

 これは、遥か遠い昔、摂理を完ぺきに理解した人物によって述べられた教えです。それを彼は見事に実践してみせたのです。あなた方も、摂理が働けるような条件を整えれば、必ずや望み通りの結果が得られます。

 

 しかし、もう一つ別の摂理をお教えしましょう。何の代価も支払わずして入手できるものは、この地上界には一つもないということです。霊的能力の値打ちが上がるということは、霊的感度が増すということです。それをおろそかにして金儲けにうつつを抜かすと、そちらの世界では金持ちと言われても、こちらの世界では哀れな貧しい魂になってしまいます。

 

 人間はその内部に何よりも貴重な神性という富を宿しています。大霊の一部です。地上のどこを探しても、それに匹敵する富や宝は存在しません。その魂の内部の鉱脈をいかにして探査し、肉体的本性の奥に埋もれたダイヤモンドを引き出すか、それをお教えしようとしているのです。

 

 そのためには霊の世界の最高の界層のバイブレーションに反応するようになっていただかねばなりません。また、あなた方は一時として一人ぼっちでいることはないこと、周囲には常にあなた方を愛する大勢の人々が見守り、導き、援助し、鼓舞せんとして待機していることを知っていただきたいのです。

 

 そうした中で霊性が開発されて行くにつれて少しずつ大霊に近づき、その摂理と調和して行くのです。

 

 大霊に奉仕すると言っても、それは大霊の子である地上の同胞に奉仕することになります。同胞のために役立つことをしている時、神の無限の腕に抱かれ、その愛に包まれ、それが完全なる安らぎをもたらしてくれることになります。

 

 何の根拠もない、ただそう信じているというだけの信仰では、酷しい試練の嵐に遭えばひとたまりもなく崩れます。が、理性的認識から生まれた信仰には確固たる根拠がありますから、いかなる試練の嵐に遭っても揺らぐことはありません。

 

 証拠を何一つ見なくても信じることの出来る人は幸せです。が、物的証拠を手にした上で目に見えない霊的真実、即ちこの宇宙が愛と叡智から生まれた霊的摂理によって支配されていることを悟った人は、なお一層幸せです。

 

 その意味で、ここにおられる(ハンネン・スワッファー・ホームサークルの)皆さんは完ぺきな信念を持ってしかるべきです。知的認識から生まれた信念だからです。皆さんは霊力の証を手にしておられます。万事うまく行くという信念、大霊の摂理と調和して生きればそれ相当の実りを手にすることが出来るとの信念を持ってしかるべきです。

 

 また皆さんは、無知蒙昧なもの――これを皆さんは“邪悪”と呼んでおられるのですが――に邪魔をされるのではないかとの不安を完全に捨て去ることが出来てしかるべきです。大霊とその摂理の保護のもとに生き、そして行動しておられるからです。

 

 心に邪悪なものがなければ、善なるものしか近づけません。善なるものは善なるものが支配するところにしか存在できないからです。霊界からこの交霊の場に訪れるのは大霊の使者のみです。あなた方を包み込んでいる力、支え導き鼓舞せんとしている力は、大霊から放射されている力です。

その力が試練と苦難に際してあなた方を支えているのです。嵐を鎮めて晴天とし、絶望の暗闇から知識の光明へと導いてくれるのも、その力です。皆さんは進歩の正道をしっかりと踏みしめておられます。不安に思うことは何一つありません。

 

 完全なる愛は恐れを取り除く、とイエスは述べていますが、正しい知識も恐れを打ち払います。恐怖は無知から生じるものだからです。愛と信念と知識のあるところに恐怖心は生じません。進化した魂はいついかなる時も恐れるということを知りません。人生のいかなる局面に際しても、自分は大霊であるがゆえに克服できないものはないとの確信があるからです。

 

 恐怖心は魂の牢獄をこしらえます。ですから恐怖心が頭をもたげかけたら、その波動に巻き込まれることなく、それを抑え込み、信念をもってこう自分に言って聞かせるのです――「自分は大霊なのだ。地上の出来事などで動揺などしない。魂に宿る無限の霊力でいかなる困難も凌いでみせる」と。そういう力をあなた方は授かっているのです。その無限の力を見限ることほど勿体ない話はありません。

 

 大霊の法則は物的なものと霊的なものの両方を支配しております。宇宙という大霊の王国にはそういう区別はないのです。物的生命を霊的生命から切り離して考えてはいけません。本来は別個のものではないのです。一つの大生命があり、それに幾つもの側面があるに過ぎません。物的なものは霊的なものに反映し、霊的なものは物的なものに反映します。

 

 しかし、霊力を秘めた人間が遭遇する苦難には、いついかなるところにあっても大霊のために役立つことをしている限り克服できないものはないとの信念が確固たるものになるには、あなた方もまだ距離がありそうです。

 

 実は私が「人間に克服できないほどの苦難はない」と言う時、それは、因果律の原理から見て取り除かれてしかるべきものであればという意味です。そこで、もしも苦しみが余りにも耐え難いものであれば、こう理解してください。それを取り除いてあげるべく私も、向上進化の歩みを止めてでも努力してみますが、むしろそれに耐え抜き、その苦境の中で悟るべきものは何かを真剣に考える方が、より賢明であるということです。この短い地上人生のことだけを考えてはいけません。永遠の生命を視野に置くことです。

 

 物質界の人間も、物的であると同時に、神性を宿していることを理解すれば、地上生活がどれだけ生き易くなることでしょう。悩み事は立ちどころに消え去り、障害物も取り除かれることでしょう。ところが人間は内部に宿している霊的な力を信じません。あなた方のいう“人間味”は地上世界でのみ通用することで、内部に宿る霊力は大霊に属するものです。

 

 その昔イエスは「地上を旅する者であれ。地上の住民となる勿れ」と言いました。が、地上人類はその意味が理解できないために、言い変えれば、死後の存続に磐石の信念が持てないために、摂理が成就されないのです。例えば金持ちをうらやみ、彼らには悩みがないかに思いがちです。悩みというものが相対的なものであることに気がつかないのです。大霊の摂理は金銭でごまかすことはできません。

 

 あなた方は個性の強化のために地上界へ来ているのです。その強化は日々の難問にどう対処するかによって決まります。その時に忘れてならないのは地上界で生じる難問には人間の魂に内在する霊力で克服できないものはないということです。いかなる難題も所詮は地上界での出来事であり、物的波動のレベルです。それに引き換えてあなた方は神の一部であり、神性を宿しているからです。

 

 安らぎはただ一つ、大霊と一体になった者に訪れる安らぎです。大霊のリズムで鼓動し、大霊の意志のままに行動し、魂と精神が大霊と一つになっている者にのみ訪れます。そういう時は大霊の摂理と調和しているのです。それ以外に安らぎは得られません。

 

 この私にできることは、その摂理がどうなっているかをお教えすることだけです。イエスは二千年も前に天国は自分の中にあると言いました。外部のどこかにあるのではないのです。ましてや混とんとした物質界には存在しません。魂の内部に見出されるのです。

 

 神の摂理は完ぺきなバランスを保ちながら働いていますから、いかにごまかそうとしても、それは不可能です。罰せられるべきものが見逃されたり、報われるべきものが見落とされたりすることはありません。物的な目で永遠を裁いてはいけません。より大なるものを見ずして小さなものを裁いてはいけません。

 

 束の間の地上的な喜びと恒久的な霊的価値とを混同してはなりません。地上的な喜びは安ピカで一時のものに過ぎません。あなた方の思考はその地上的なものを規範にしがちですが、私たちは霊の目で見ます。あなた方に気に入ってもらうために摂理を曲げて説くわけにはまいりません。

 

 死んで霊界へ戻ってきた者に尋ねてごらんなさい。誰しもが「摂理は完ぺきです」と答えるはずです。そして二度と地上へは再生したがりません。人間はとかく外面的な事情が平穏であってほしがりますが、私はあなた方の内面に潜在する恒久的な安らぎを見出させてあげたいと努めております。最大の富は霊に内在する宝(霊的資質)です。

 

 常に何か不満を抱いている人がいるものです。地上世界だけではありません。こちらの世界でも同じです。それは自分の不完全さに気づいている証拠です。神の道具としてまだまだ十分でないという意識があるからです。そうした自己との葛藤を通して霊性の不完全さを克服し、神性の開発が可能になるのです。

 

 まだ為すべきことがありながら私たちが平気で傍観していられると思いますか。生きる上で欠かせないものに事欠いている物質界の大霊の子を見て、私たちが心を痛めずにいられると思いますか。神の名のもとに間違った教えが説かれているのを聞いて無関心でいられると思いますか。

 

 光があるべきところに暗闇があり、自由でいられるはずの者が強欲で自らの魂をがんじがらめにし、どこを見ても混乱し無秩序状態の地上界を見て、私たちが心を痛めずにいられると思いますか。

何とかしてあげないといけない――多くの大霊の子がせっかく授かった霊的資質を封じ込められている地上界に大霊の愛を流入させねば……と思うからこそ私たちも苦しむのです。大霊は必要なものは充分に用意してくださっております。なのに、それを授からない人がいるということです。他の者が飢えているのに自分だけは充分に手にして平気でいられるようでは、その魂は霊格が高いはずはありません。

 

 私たちの仕事でいちばん辛いのは、時としてあなた方が苦しんでいるのを傍観させられることです。それがその魂にとって大切な葛藤であるがために、私たちにも手出しが許されないのです。あなた方がその葛藤に勝利すればそれは私たちにとっても勝利であり、あなた方が敗北すればそれは私たちにとっても敗北なのです。あなた方の葛藤は私たちの葛藤でもあるということです。にもかかわらず指一本あなた方を援助することは許されないのです。

 

 そんな時、私は涙を流していることがあります。救いの手を差し延べてはいけないことが分かっているからです。それが摂理だからです。苦しんでいる本人よりも私の苦痛の方が大きいことがあることを知ってください。

 

 自分で「これが正しい」と思うことをなさっていれば、それ以上のことは出来ないにきまっています。もしも他の人を立てて自我を滅却しなければならないと観念した時は、そうなさい。いつかその埋め合わせがあります。

 

 いずれにしても私が皆さんに代わって問題を解いてあげるわけには行かないのです。それは皆さんの自由意志に干渉することになるからです。例えばこの霊媒(バーバネル)の私生活に関連して私がああしろこうしろと指示するようになったら、それはこの霊媒のもつ自由意志がなくなったも同然です。と言うことは、それきり進歩しなくなるということです。

 

 あなた方一人一人の内部に宿された霊性が発達するのは、日常生活で生じる問題をいかに解いていくか、その努力をしている時です。何もかもラクに片づいているうちは成長しません。

ただし、私にも干渉を許される局面があります。この霊媒を通じての私の使命に係わる問題が生じた時は、チャンネルとしてのこの霊媒の自由を確保すべく、邪魔を排除する手段を講じます。この霊媒の霊性の進化に係わる時は、それはこの霊媒の自己責任ですから、あくまでも自分で解決して行かねばならないということです。

 

〔別の日の交霊会で――

 

 こうした霊的問題に携わる人で、地上の人間の心身両面にわたる健康を維持するための霊的摂理を説く人は、大きな責任を負っていることになります。それを勘違いしたり怠ったりすると、地上生活中ないしは死後にその代償を支払わされます。

 

 例えば時おり私がうんざりさせられることの一つに、霊界からの“高等な教え”ばかりを求めて、それを同胞のために役立てることをしない人がいることがあります。人間は成長するにつれて大霊の摂理の働きを理解していくのであって、教えそのものに“高い”も“低い”もありません。

 

 そうやって勿体ぶって真理の追求ばかりをしている人たちが、地上を少しでも住みやすい世界に、つまり飢えや渇きから解放し疲れた身体を癒せる家に住めるような世界にするために行動を起こすようになれば、それこそ“最高の教え”を実践することになるのですが…… 

 

〔人間界の問題の大半は自由意志の使用法を誤っていることから生じていることを強調して――

 

 人間は戦争が起きると「なぜ大霊は止めさせないのか」とか「なぜ未然に防いでくれないのか」と思うようですが、大霊の摂理を無視している以上、責任は人間自身にあるのです。

 

 行為が生み出す結果は絶対に避けられません。私たちにとて、その摂理を改めることはできません。蒔いたタネが生み出すものは自分で刈り取らねばならないのです。利己主義というタネを蒔けば、それ相当のものを刈り取らねばなりません。高慢・嫉妬・怨恨・貪欲・敵意・不信・猜疑心――こうしたものが積もり積もれば、いつかは戦争・難題・不和といったものを生み出します。

 

 私たちはそうした摂理をお教えするために地上界へ降りて来ているのですが、その目的が理解できない人たちから、冒頭で述べたような、咎め立てをするような不満を聞かされます。しかし、私たちとしては大自然の摂理を明かすこと以外には何の意図もありません。と言うのも、地上界を支配しているのは大霊の摂理以外の何ものでもないからです。それを宗教と呼ぼうと科学と呼ぼうと哲学と呼ぼうと同じことです。

 

 その摂理に逆らった生き方をする人は、一個の人間であろうと大勢の集団であろうと、民族全体であろうと国家全体であろうと、いつかはその代償を支払わねばなりません。その摂理の働きが完ぺきであることは常々申し上げている通りです。その働きが人間の目には目えないことがあるかも知れません。しかし、原因と結果は必ず連鎖して働きます。摂理がそのようになっているのです。こうしたことは何度も申し上げてきたことです。摂理、大霊の摂理以外に何もありませんと改めて申し上げるのは、そういう理由からです。

 

 私たちの使命は神とは何かを明らかにすることですが、それは、神すなわち大霊の摂理を明らかにする以外に方法はありません。が、大霊の摂理を知ることによって、それと調和した生活が可能になります。もちろん自由意志が与えられていますから、摂理に従うか否かはあなた方の選択に任されています。一個人であろうと集団であろうと同じことです。

 

 ただ言えることは、何事もその摂理にのっとって計画し、それに反することのないようにしなければならないという、この単純な認識が行きわたるまでは、地上界に混乱と破滅と惨事の止むことはないということです。

 

 私たちとしてはそうした永遠の霊的真理をお教えすることしか出来ませんし、またそれで良いと考えております。なぜなら、物的なものが崩壊しチリとなった後も残り続けるのは霊的真理のみだからです。物的なものだけに目を奪われている者は大きな過ちを犯しております。幻影を追いかけ、永遠の実在を忘れているからです。霊的真理といっても至って単純なことばかりです。なのに地上界の人間は今もってそれが理解できておりません。

 

 それを学ぶにはいろいろな道がありますが、苦痛と落涙、流血と悲劇を体験しないと学べないというのであれば、それもやむを得ないでしょう。私としては、出来ることなら愛と奉仕の精神を通して霊的資質を発揮する中で学んでほしいところです。しかし、それが出来ないとなれば、摂理に逆らった手段によって痛い思いをしながら学ぶしかないでしょう。痛みという代償と引き換えに学ばねばならないということです。

 

 地上界で大人物と言われた人が霊界でも大人物と言われるわけではありません。こちらの世界での偉大さは魂の偉大さ、霊性の高さ、サービス精神の大きさで計られます。物的世界が消滅した後も末永く生き続けます。

 

 自由意志は大霊から賜った権利です。が、その使用を誤ると代償を支払わねばなりません。同じことが地上世界の百事全般にも言えます。摂理にのっとった手段を取れば豊かな恩恵を賜ります。もし間違った手段を取ると、それ相当の結果を刈り取らねばなりません。前者は平和と幸福と豊かさをもたらし、後者は悲劇と戦争と流血と混乱を招きます。

 

 私たちは、本来なら大霊の子等の教育者であるべき階層の者たちから軽蔑されております。大霊の名のもとに大霊の愛を携えてきたと述べていることが気に入らないらしく、本来なら大歓迎されてよいはずなのに、逆に拒絶されております。お役に立ちたいとの願望に燃えて、地上人類が自らの力で自らを救うための摂理と霊力の存在をお教えしようとしているのですが……

 

 しかし、霊的な無知に浸り切り、儀式や作法に取り囲まれ、あまつさえ神の霊力が今日でも地上界に降りることを否定するようでは(英国国教会では神は紀元六六年まで地上に働きかけ、それ以後はいかなる働きかけもしないという信仰がある)、その代償は目に見えております。

 

 私たちはそういうことを説く御仁には用はありません。人のために役立つことを願う人々の味方であり、何かと敵対する態度に出る人たちの敵です。私たちは愛と奉仕の翼に乗って降りてまいります。愛と奉仕の仕事こそ私たちが果たさねばならないのです。

 

 それには困難と障害が立ちはだかるであろうことは覚悟しております。しかし必ず克服します。潮流のように満ちては引くことを繰り返すことでしょうが、最後は必ず勝利します。

 

 私たちだけでは大きな仕事はできませんが、あなた方地上の人々と協力すれば、幾ばくかの仕事はできます。たった一人の魂を救ってあげるだけでもいいのです。暗闇にいる人に光明をもたらしてあげれば、弱っている人に力を貸してあげることが出来れば、あるいは逆境に喘ぐ人に慰めとなる教えを授けることが出来れば、それがたった一人であっても価値ある貢献をしたことになるのです。

 

〔自由意志にも制約があるのは、個人によって人生の出来事の流れに一定の傾向があるという意味か、と問われて――

 

 傾向の流れ、言わばバイブレーションがあるのは事実ですが、それは宿命的にどうしようもないものではありません。人間はさまざまな放射物や影響力にさらされていて、その多くが何らかの影響を及ぼすことは事実です。しかし、大霊は人間の一人一人にご自身の一部、霊性の一部を与えてくださっていて、各自の進化のレベルで自由意志を適切に行使すれば、その霊性の開発の道で生じるいかなる障害も克服できるはずです。あなたが大霊であり、大霊があなたであると言ってもよいのです。

 

 譬えて言えば、大地に蒔かれた種子は、その生長を促すものを与えれば芽を出し、生長し、美事な花を咲かせます。それと同じで、あなたという存在の中に大霊の種子が植え込まれています。あなた方自身が庭師です。その種子がいつ花を咲かせるか、あるいは果たしてうまく花を咲かせるかは、あなたの手入れ一つに掛かっています。そこに自由意志による選択が許されているということです。

せっかくの種子を暗闇の中に置き去りにし、生長に必須のもの、即ち無私の善行ということに何の努力もしない生活では、大霊があなた方を通して顕現していないことになります。

 

〔苦難の価値について問われて――

 

 あらゆる体験があなた方の永遠の人生模様の一部を構成します。その永遠の人生をあなた方はとかくこの世だけの出来事によって判定しようとします。その皮相だけを見て偶発的な出来事の連続のように思うようですが、何回かにわたる地上生活の全てを通して一本の糸が貫かれていることにお気づきになりません。

 

 調和を基本的摂理とするこの大宇宙にあっては、あなた方一人一人が大霊の計画に貢献しているのです。地上生活での出来事は、時には辛さと絶望、痛みと悲惨さに満ちていることもあるでしょうが、その全てが、永遠の旅路に向かうための試練なのです。

 

 暗黒と光、陰と日向といった、まったく対照的なものも、実は一個の統一体の側面の反射に過ぎません。陰なくしては日向も有り得ず、光なくしては暗黒も有り得ません。それと同じ理屈で、困難は魂が向上するための階段です。困難・障害・ハンディキャップ――こうしたものは魂の試練なのです。それを克服した時、魂はより強くなり、より純粋になり、より充実し、かくして進化が得られるのです。

 

 無限の可能性を秘めた魂の潜在的資質が、困難も苦痛もなく、陰も悲しみの体験もなしに発現すると思われますか。発現するはずがありません。

 

 悲哀の極みをなめ尽くして初めて、魂の奥底からの喜びが味わえるのです。生命の階段を低く下りるほど、それだけ高く上がれるのです。地上人生の陰と思える体験を多く味わうほど、それだけ日向の喜びがひとしお身にしみるのです。

 

 全てのことが霊性進化の肥やしになるのです。そのうち皆さんも肉体の束縛から解放されて曇りのない目で地上人生を振り返る時がまいります。その時、紆余曲折した一見取り留めもない出来事の絡み合いの中で、その一つ一つがちゃんとした意味をもち、皆さんの魂を目覚めさせ、その可能性を引き出す上で意義があったことを、つぶさに理解なさるはずです。

 

 人間が体験する苦難の中で、正しく理解し正々堂々と立ち向かって何の益ももたらさないものは一つもありません。一体、困難も試練もない物的世界というものが想像できるでしょうか。そういう世界では何の進化もありません。克服すべきものが何もありません。あるのは堕落のみです。

 

〔シルバーバーチはいかなる生命も神聖であることを繰り返し説いている。ある祭日の日の交霊会で狩猟が話題となり、メンバーの一人が質問した〕

 

――私はキツネ狩りをしたことがありますが、間違ったことをしたことになるのでしょうか。

 

 すべて生命あるものは神のものです。いかなる形にせよ生命を奪うことは許されません。

 

――でも、ウチのニワトリを二十羽も食い殺したのですが……

 

 では仮に私がそのキツネに銃を与えて、二十羽もニワトリを食べたあなたを撃ち殺せと命令したらどうなりますか。地上のすべての生命には大霊によって食すべきものが平等に与えられています。人間が飢えに苦しむのはキツネが悪いのではなくて人間自身の考えが間違っているからです。

 

 地上人類がさらに進化すればそうした間違った欲望は消滅するでしょう。キツネやニワトリを人間がこしらえることが出来れば、それを人間が食べても咎める者はいないでしょう。人間がニワトリやキツネを殺してもよいというのが道理であるとしたら、同胞も殺してよいという理屈になります。生命は人間のものではありません。大霊のものです。生命を奪う者はいつかはその責任を取らなくてはなりません。

 

――オーストラリアではウサギの異常繁殖が脅威となっておりますが、これについてはどうでしょうか。

 

 人間は本来そこにあるべきでないものを勝手に持ってきて、それがもたらす不都合について文句を言います。私の地上の故郷である北米大陸についても言えることで、白人が自分たちにとっては良くてもインディアンにとっては良くないものを持ち込みました。

 

 戦争も白人がもたらしたものです。それからインディアンが“火酒”と呼んだもの(ウィスキー、ジンなどアルコール分の強い酒)その他、不幸をもたらすものを持ち込みました。白人がやってきて人を撃ち殺すことは正義であるかに吹聴するまでは、銃で撃ち殺すということなど知らなかったのです。

そのうち人間も宇宙のあらゆる生命――動物も小鳥も魚も花も――が神の計画の一部を担っていることを知る日が来るでしょう。神の創造物としてそこに存在していることを認識するようになるでしょう。